医療機器の部品の耐用年度

医療機器は其れ自体に耐用年度の設定が法廷で出されています。家庭用であっても設定されています。ですが医療機器の部品となると法的性が無いので自主規制になります。よって耐用年数の設定はバラバラです。 大雑把な目安の式として減価償却期間+2年程度と言うものがありますがモノによっては2年でなくなる事もある事と部品交換等で修理するよりも買い替えた方が安いと言う側面もあります。 購入した機器を長く使いたいと言うのであれば買うと同時に故障対策として必要なものをあらかじめ購入して万が一に備えると言う対策も方法の一つです。

医療機器に関する耐用年度

企業が何か高額なものを得た場合に、その価値を資産として計上する必要があります。資産の価値は、使うことまたは時間経過によって減少していきます。医療機器も高額なものは資産として扱います。その資産価値の下がり具合を決めたのが耐用年度です。医療機器は器具・備品のカテゴリーに属します。もっとも短いもので移動式のものや救急医療用のものの3年です。もっとも長いのは自動血液分析器の10年になります、製品の受領者は、購入時の価格を該当する耐用年度にしたがって償却します。償却後は価値がないだけで使用することは可能です。

医療機器間と耐用年度情報

新着情報

↑PAGE TOP